ドローンによる空撮

撮影無料の人文字空撮!ドローン空撮

高性能なドローン(無人航空機)を採用し、高画質な静止画から4K動画が撮影可能です。
操縦者は、無人航空従事者試験及び技能試験合格の認定者、或いはDPA認定者が撮影いたします。第三者賠償責任保険加入済みで、安全第一に撮影いたします!
学校、グラウンド飛行の包括申請許可済みです!

ドローン空撮が難しい場合は、セスナ機にて撮影することも可能です。航空写真撮影のご予定がございましたら、ぜひご相談ください!

学校の周年行事(撮影料無料・特典付き

グラウンドに校章等のデザインを人文字用にライン引きいたします。
撮影料無料(ライン引き含む)の場合は、全校集合写真・クラス写真等の希望販売をさせていただきます。写真の販売は、ご家庭の負担が軽くなるよう低価格(2Lワイド1枚500円〜)にてご提供いたします。販売に関するものはこちらで用意いたします。
A4フルカラークリアファイルなどの特典もご用意いたします。

校舎全景写真(撮影料無料〜

当社で記念誌や広報誌、学校要覧をお申し込みの学校様は、無料にて校舎の全景写真を撮影することも可能です。
校舎の改修工事に伴う参考資料にも最適です!撮影は天候や風の状況を判断し臨機応変にフライトいたしますので、お手間はかかりません。撮影後データをお渡し致しますので、ホームページや印刷物等にお役立てください。


撮影の流れ〜準備は全て当社が行います!〜

お申込後は速やかに準備に入ります。

飛行許可・人文字デザイン・児童、生徒さんの配置図作成からグラウンドのライン引き等、全て当社で行います。希望販売はインターネット販売で行います。


・撮影日1週間程度前に人文字デザイン図をご提出

・撮影日1〜2日前にライン引き

・撮影当日は整列にご協力ください

・空撮終了後、全校集合写真撮影

・後日、クラス写真撮影

・希望販売実施


選べる特典をご用意いたします!

A4フルカラークリアファイル

児童・生徒数+教職員分

額付き全紙写真

大型サイズの写真の額縁付き

B2サイズフレーム付き写真パネル

全紙写真よりさらに大きいサイズのパネル

横断幕

ターポリン防炎仕様で高耐久性

    
フルカラー学校要覧

式典の式次第としても活用できます

動画撮影

空撮時の様子を空と地上から撮影し、編集済み動画ファイルをお渡し

記念品のみでも承ります!

クリアファイルや記念学校要覧・PTA広報誌も低価格でご提供いたします。 

ドローン空撮料金(有料時の参考価格)

内 容 金額
フライト20分以内・撮影総時間1時間以内 ¥15,000〜
フライト40分以内・撮影総時間2時間以内 ¥25,000〜

記念品参考価格

内 容 金額
A4対応、フルカラークリアファイル・500枚 ¥58,600〜
A4対応、フルカラークリアファイル・1000枚 ¥69,800〜
学校要覧・A3サイズ・巻三つ折り・フルカラー・500部 ¥48,000〜
学校要覧・A3サイズ・巻三つ折り・フルカラー・1000部 ¥50,000〜

写真販売の参考

内 容 金額
校舎と人文字(斜めカット・正面カット) ¥500〜
全校写真(整列・自由) ¥900〜
クラス写真(整列・自由) ¥900〜
データメディア(クラス写真除く全カット・スナップ付き編集済み動画ファイル)  ¥1,200〜

サンプル写真

使用機材はMAVIC2PRO
人文字デザイン図
人文字空撮
額縁付き写真
校舎と人文字
人文字アップ
人文字人物
全校集合
クラス集合
人文字人物
校舎空撮のイメージ
校舎近隣空撮
グラウンドアップ
太陽光パネル
工事中の校舎
工事中の校舎
工事中の校舎
森林イメージ
海岸イメージ
校舎全景
正面玄関
太陽光パネル
校舎全景
運動場
運動場

クリアファイル

国土交通省へ包括申請済み!

独自の包括申請にて、国土交通省より承認を得ております。よって学校グラウンドのフライトはもちろん病院、公園、観光地、建設現場、太陽光発電所、風力発電所など、条件付きで飛行が可能です。(撮影現場管理者の許可や警察署等の確認は必要です)
人口集中地区目視外飛行30m接近飛行夜間飛行の承認も得ており、操縦者は無人航空従事者試験合格及び技能講習終了の認定者、或いはDJIスペシャリスト取得者がフライトいたします。

個別申請が必要な地域

空港周辺・自衛隊基地周辺・米軍基地周辺・鉄道や高速道路周辺や催事上空(イベントや運動会等)・150m以上の上空

個別申請をしても45m以内の上空、第三者からの距離を大幅に確保しなければいけなかったりと制限付きの申請になります。また、物の落下・物品郵送は行っておりません。
法令遵守しマナーを守りフライトいたします。

航空法の規制に違反した場合:50万円以下の罰金
小型無人機等飛行禁止法による規制に違反した場合:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

空撮(ドローン飛行)の注意事項

地域によっては、飛行禁止や高度制限が設けられている場所がございます。
お問い合わせを頂いたあと早めに調査・確認し、必要であれば個別に関係機関に申請いたします。一ヶ月程度かかる場合もございますので、ゆとりをもってお問い合わせください。
申請結果によってはイメージ通りの画角にならなかったり(高度制限)、飛行許可が下りないことも考えられます。(特に空港周辺や高速道路周辺、鉄道周辺の学校)

また、天候や風・電波の状況を確認し、操縦者の判断で飛行できない場合がございます。安全を第一に考え、無理な飛行は控えますので、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。